MENU

下半身の強化とトライバーやアイアンの選び方が重要

年齢を重ねてくると加齢による老化現象がいろいろな部分で起こってしまいます。もちろん筋力も若い頃に比べて衰えてきているのでゴルフの飛距離も落ちてきてしまう事があります。しかし飛距離が落ちてくるのは加齢による衰えだけとは限りません。他にも考えられる原因はあるのでしっかり見ていきましょう。

 

飛距離にこだわる時はドライバーでスイングする時だと思います。飛距離を出すにはそれなりの筋力が必要なのですが体の動きも重要になってきます。特に需要なのは下半身で踏ん張りが効くと安定感が増してきて飛距離を伸ばす事が出来ます。

 

言い方を変えると上半身の筋肉はしっかりしているけど下半身の筋肉がしっかりしていなければ上半身を支えられないので踏ん張りが聞かなくて安定したスイングが出来ません。そのため上半身の筋肉だけ付けておけばいいというものではなくて下半身を特に強化する必要があります。下半身はウォーキングなど有酸素運動でも鍛える事が出来るので年齢を重ねてきても手軽に取り組む事が出来ます。

 

ドライバーやアイアンの選び方も飛距離に影響してくる事があります。特にドライバーは飛距離を出すものなのでサイズが自分の体の大きさに合っていないと安定したスイングが出来ません。それにヘッドスピードも遅くなってしまうので力感のないスイングにもなってしまいます。

 

飛ぶドライバーやアイアンを選ぶ時は自分の体の大きさに合っていて素振りをした時にフィットするものを選ぶと安定したスイングが出来るようになって飛距離を伸ばす事が出来ます。

このページの先頭へ