ゴルフ 飛距離 落ちる

若いころと比べると、ゴルフの飛距離が落ちてきた…と悩んでいる方は少なくありません。そこで、飛距離が出るといわれている、ドライバーの打ち方のポイントについてご紹介します。まず、一つ目のポイントとして、打つ際には、腰を左右にスウェイさせすぎない、ということなどが一つのポイントです。
MENU

ゴルフで飛距離が落ちてきた場合のポイントとは?

若いころと比べると、ゴルフの飛距離が落ちてきた…と悩んでいる方は少なくありません。そこで、飛距離が出るといわれている、ドライバーの打ち方のポイントについてご紹介します。まず、一つ目のポイントとして、打つ際には、腰を左右にスウェイさせすぎない、ということなどが一つのポイントです。

 

飛距離が落ちてきた方に多いとされているのが、打つ際に腰を左右にスウェイさせすぎてしまう、というものです。特に、飛距離が落ちてくると、気が付かないうちに、力が入りすぎてしまい、打つ際には必死で飛ばそうとしがちです。そうすると、体を左右に動かしがちとなってしまい、スウェイになってしまいます。

 

スウェイになってしまうと、中心の軸がぶれてしまうことになってしまいますので、ヘッドが走らなくなってしまいます。今まで上手に飛距離が出ていた、また上手にゴルフができていた人が不調になる場合には、こちらのスウェイが原因であることが多いのです。

 

スウェイをしっかりと直すことによって、ショットなども安定することが多く、飛距離アップをすることができる可能性も高いです。こういった動画などもインターネットにはありますので、まずは研究をしてみることが大切です。

 

また、ポイントとして、最近のドライバーを使っている場合、体重移動をしすぎてしまっている可能性があるということです。最近の飛ぶドライバー、大型ヘッドというものは、昔と比べると、それほど体重移動などが必要とされない場合が多いのです。このためなるべく体重移動をおさえ、そして体の回転を生かしてスイングをすることが必要です。そうすることで、飛距離をアップさせることができるのです。

 

また、ポイントとして、アドレスにおいて右手は添えるだけにしておく、ということがポイントです。
右手の返しというのは必要ないといわれており、左手の小指、そして薬指、そして中指でグリップをし、そして右手を添えるだけにしておくのが良い、といわれています。

 

こういった状態でスイングをした場合には、ヘッドが走りやすくなりますので、結果的に飛距離が伸びるといわれています。このように、飛距離が落ちてきたと悩んでいる場合には、いくつかポイントがありますので、これらのポイントを押さえるようにしてみましょう。

 

また、文章で読むだけでは、正確な動きなどが把握できないという場合も多いと思います。インターネットで動画などを見て、研究をしてみるとわかりやすいです。

 

飛距離がでるゴルフクラブをお探しならこのドライバーがおすすめ!

このページの先頭へ