ゴルフ メンタル

ゴルフには、いや、あらゆるスポーツには、いやいや何事にも「やる気」と「やれるだけの技量」が必要であることは周知の事実です。この「やる気」を一般的には「意識=Will」と言いいますが、スポーツの世界ではよく「メンタル」と言う言葉が使われ、それを「精神力」としている場合が多いようです。
MENU

Will(意識) X メンタル(精神力)でゴルフの目的を達成する。

ゴルフには、いや、あらゆるスポーツには、いやいや何事にも「やる気」と「やれるだけの技量」が必要であることは周知の事実です。この「やる気」を一般的には「意識=Will」と言いいますが、スポーツの世界ではよく「メンタル」と言う言葉が使われ、それを「精神力」としている場合が多いようです。

 

あのゴルファーはスキルは高いのだがメンタルが弱くて・・・などの使われ方をしているのをよく耳にします。確かに、この一打をフェアウェイに、この1打をグリーンに、そしてこの1打をカップに、と集中するには、自分のスキルを信じて失敗を恐れないメンタルの強さが必要である事は間違いありません。

 

ところが、競争に勝利すると言うのがそのゴルフの目的であるならば、1打1打に集中するメンタルの強さの他に「その目的を必ず達成するのだ」と言う「強い意識」即ち「Will」が前提にあることが大事です。 アマチュアのゴルフには、仲間と楽しい会話をしながら楽しむリクリエーション的なものや、コンペにエントリーして優勝を狙うようなシリアスなもの、そしてそこまでシリアスでなくても自己ベストを追究し続けるもの等が有ります。

 

そしてその何れにも必ず目的が有るはずです。もしもそのゴルフの目的が「仲間との親睦を深める」的なものであれば、プレイ後に「互いに、楽しかった!と言い合えるラウンドにするのだ」とのWillを持つはずです。

 

参考:シニア層に人気のゴルフドライバーランキング!

 

また、シリアスなコンペへの参加であれば、自分のSkillを考慮した「目標順位に入るのだ」とのWiilを持つはずです。このWillを前提にしてその時のメンタルを上手くコントロールする事になります。例えば、「楽しいラウンドにするのだ」のWillの下に、バンカーショットでの失敗に不機嫌な態度をとる事はその意(Will)に反することになります。

 

従って、笑ってもう一度やれば良いだけの事です。 しかし「ここで優勝するのだ」のWillを持って臨んだコンペなどの場合は、自分のスキルを100%発揮できるように集中し、たとえ失敗しても、後まで引きずらないメンタル・コントロールが必要です。

 

とは言ってもそのコントロールが簡単ではない事も事実ですが、Willを捨てない限り、次の1打で又強いメンタルを取り戻すことが出来るはずです。要するに、ゴルフに限らず何事にも目的を持ち、それへの達成意識(Will)を強く持つこと、そしてそのWillに応じたメンタル・コントロールを心がける事が成功へのキーなのです。

 

勿論それは、自分のSkillを100%発揮する為には、の話であり、Skillそのものを向上させるメンタルコントロールが有るのであれば私も知りたいところです。

 

飛距離がでるゴルフクラブをお探しならこのドライバーがおすすめ!

関連ページ

ゴルフで飛距離が落ちてきた場合のポイントとは?
若いころと比べると、ゴルフの飛距離が落ちてきた…と悩んでいる方は少なくありません。そこで、飛距離が出るといわれている、ドライバーの打ち方のポイントについてご紹介します。まず、一つ目のポイントとして、打つ際には、腰を左右にスウェイさせすぎない、ということなどが一つのポイントです。
このページの先頭へ