ゴルフク初心者 基礎

初めてのゴルフはドキドキ、ワクワクしますね。しかし、始めようにもどのゴルフクラブを選んだら良いのかわからない、そのような人へ、初心者でもわかるゴルフクラブの正しい選び方をご紹介します。
MENU

初心者でもわかるゴルフクラブの種類について

初めてのゴルフはドキドキ、ワクワクしますね。しかし、始めようにもどのゴルフクラブを選んだら良いのかわからない、そのような人へ、初心者でもわかるゴルフクラブの正しい選び方をご紹介します。

 

先ず、ゴルフクラブの使用は1人あたり14本までと決まっています。通常はウッドと呼ばれるクラブが3〜4本、アイアンと呼ばれるクラブが8〜9本、パターが1本といった組み合わせが一般的です。

 

ゴルフクラブはそれぞれ想定した飛距離を打ちやすくするために作られていて、基本的には長いクラブで長距離を狙い、短いクラブで短距離を狙います。また、長いクラブほど扱いが難しくなっていきます。

 

ゴルフクラブの丸い部分をヘッド、その打撃面をクラブフェイスと呼び、クラブフェイスと地面に対する垂直線からなる角度をロフト角といいます。これで弾道の高さを決定します。クラブに書かれた番号が大きいほど短い距離をうつためのゴルフクラブと言えます。

 

第一打目に主に使われるのはドライバーです。ゴルフはリョーマゴルフをはじめ、かなり多くのメーカーがクラブ作っていて、その中でもドライバーが長くてヘッドが大きく作られているので、一番飛距離が出やすいクラブです。ただ、その長さ故に真っすぐきちんと当てるのが難しくなります。フェアウェイウッドは地面上から使うクラブです。数字が大きくなるにつれロフトが増えてボールが上がりやすくなります。

 

ミスに強くてボールが上がりやすいのがアイアン。アイアンの種類にはマッスルバック、中空、キャビティなどがあります。アイアンは上級者が使うと球筋をコントロールできたりもします。初心者にはキャビティアイアンがおすすめです。

 

近年登場してきたクラブはユーティリティと言って、ウッドとアイアンの中間の役目を果たします。形状としてはアイアン型です。ヘッドは厚みがありますがフェアウェイウッドやハイブリッドほど大きくはありません。

 

パターはグリーンでカップに入れるために使われます。カップ近くまできたボールをパターでいれる、テレビでもお馴染みのあのゴールの瞬間のようなシーンで使われます。まだまだゴルフクラブには他にもたくさんの種類があります。ゴルフをやり進めていく内に自分が使いやすいものを選んで考えていきましょう。

 

ちなみに、ゴルフクラブセットも売ってありますので、先ずはそれから購入するのもおすすめです。また、ゴルフはどんなに良いクラブを買っても握り方や振り方で力量が変わりますので、クラブそのものに満足せず、テクニックを磨いて少しずつ上達を目指しましょう。

 

飛距離がでるゴルフクラブをお探しならこのドライバーがおすすめ!

このページの先頭へ